PRODUCTS & SERVICE

事業内容

Fuzor 2020

概要

Fuzorは、ユーザーフレンドリーな環境で一般的なAEC (Architecture, Engineering & Construction) の問題を解決する一連のBIMソリューションです。
設計フェーズの開始時のみではなく、検証段階と分析段階の途中で、あるいは建設段階に進むときにおいても、Fuzorの機能でソリューションを提供しております。
 

FUZORライブリンク

Fuzorは BIM設計ツール(Revit/ArchiCAD)や他の3D設計ツール(Navisworks/Rhinoceros)との間でライブリンクを行う事が可能です。ライブリンクは、BIMツールに行われた変更を即座にFuzorに反映するFORWARD SYNCと、Fuzor上で行われた修正(オブジェクトの設置や移動、マテリアル変更など)をBIMツールにフィードバックする事ができるBACK SYNCがあります。

※一部の対象ツールは、BACK SYNCに非対応となります。

CDE(Common Data Environment) 

Fuzorは、複数形式のデータを別々に取り込み重ね合わせることで、それぞれのデータが持つ属性情報を欠落させることなくFuzorの空間内で結合させることが可能です。多くのモデルを結合することで大容量となったデータも、Fuzorなら高速でハンドリングが可能です。まさにCDE(Common Data Environment)として各種BIMデータのプラットフォームとなるソフトウェアです。

 
結合させたモデルを使用した干渉解析や各種計測、監視カメラの設置と画像参照、日影や天候、各種クリアランスチェックなどのシミュレーションをFuzorならではの高速処理で行うことが可能です。
また、複数種類のツールの3DプロジェクトをFuzorで合成することで、他のツールで使用されているオブジェクトやライブラリを別のツールの3Dモデル内に配置することや、複数のデータを合成したうえで2Dマップを作成することも可能です。

新物理ベースレンダリングエンジン - PBRマテリアルのサポート

Fuzorでは物理ベースレンダリングを採用することにより、従来のFuzorとは全く違った表現力を持ちました。マテリアルの設定に最大6つのマップを適用する事で、より正確で、より自然な外観を表現する事が可能となりました。
また従来のJPGなどの他にサブスタンスマテリアルを直接読込み可能とすることで、表現力を上げながらもレンダリングの軽快さも実現しています。

SBSARファイルのサポート
 

マテリアの設定に最大6つのマップを利用可能

イベントトリガーシステム

Fuzorにはイベント・トリガーシステムが搭載されました。このシステムは「何かの事象が起こった事」をトリガーとし、ほとんどのFuzorの機能を発動する事ができます。例えば壁のスイッチに「クリックでON/OFF」のトリガーをセットし「照明を点灯する」という事象をセットする事で、PCやVR内でスイッチをクリックする事で照明のON/OFFが可能です。プルダウンメニューで設定できるこの機能を利用して教育用のシステムを構築するなど、容易にFuzorのプログラミングが可能となりました。
 

4D シミュレーション/アニメーション

Fuzorは、BIM利用による施工の支援機能として4D/5Dシミュレーションを行う事が可能です。
建設のような複雑な分野では詳細度はもっとも重要な要素です。 Fuzorの施工支援機能では、さまざまな4Dアニメーションのオプションを使用して4Dシミュレーションに高いレベルの詳細度を与えることが可能です。 オブジェクトが流し込まれているか、移動しているか、破棄されているか、または一時的に配置されているかどうかにかかわらず、表示されているビルドプロセスの種類を表現するために、さまざまなタスクおよびアニメーションスタイルを適用することができます。
Fuzorで作成したタスクや、CSVや工程管理ツールからインポートされたタスクは、通常タスク/解体タスク/重機タスク/一時タスクに割り当てが可能で、それぞれのタスク間で簡単に切り替えることができます。

 

 
施工タスクはMicrosoft Project、Asla Powerproject、primavera P6のタスク情報がXMLで、Navisworksやそれ以外のCSVで出力可能な工程管理ツールからはCSV形式で取り込む事が可能です

コラボレーション機能

Fuzorには、インターネットを含むネットワークを経由した複数の関係者によるコミュニケーションを活性化させる2種類の機能が有ります。遠隔地のメンバーと同時にBIMモデルを閲覧し、対話的レビューをインタラクティブに行う事ができる『リアルタイムP2Pコラボレーション』および、セントラルモデルを任意のサーバー上で共有し、プロジェクトを共有するすべての関係者が閲覧、修正を行うことができる『ワークシェアリングコラボレーション』です。
 
P2Pコラボレーションでは、同時に同じモデルを共有することでお互いの意思がダイレクトに伝わります。各メンバーがレビュー結果や修正依頼をオブジェクトに直接記載したアノテーション(注記)をプロジェクト管理者が集中管理する事もできます。
利用者はVRでリアルタイムに参加することも可能です。図面を理解しない方でもプロジェクトに参加し、すべての関係者がよりリアルな共有体験を行うことが可能となりました。
またFuzorは、自己実行型のEXEビューワーでのコラボレーション参加が可能です。これにより、Fuzorライセンスを持たない関係者でも手軽にコラボレーションに参加し、ダイレクトに意見交換を行う事が可能となりました
 
ワークシェアリングコラボレーションは、複数のユーザーが同時にまたは別々の時間に、FuzorまたはBIM設計ツールで変更を加えたプロジェクトモデルを、Fuzorのプロジェクトとしてサーバーにアップロードすることが出来ます。サーバー上のセントラルモデルに加えられたすべてのユーザによる改訂は、各ユーザの現在のワーキングモデルに差分だけを直接ダウンロードし、その改訂を保持するか破棄するかの選択ができます。ワークシェアリングコラボレーションにはモバイルユーザも参加することができ、オブジェクトへのマークアップや撮影した画像などをアノテーション(注記)という形でサーバーを通じて他のすべての関係者と共有できます。
 


 
複数ユーザのレビュー結果を検討し最終決定

VR/MR/AR機器への対応

Fuzorは発売当初からVRをサポートしてきました。さらにVRに加えMR/ARもサポート、もちろんiPadやAndroidタブレットでのAR機能にも対応しています。FuzorのVRは単なるビューワーとしてのVRではありません。Fuzorの持つ特徴的な機能の多くをVR内だけで実現することができ、設計や施工を支援する機能が豊富に搭載されています。そしてFuzorは今後もVR機能をアップデートし続けます。

Fuzorにはここでは紹介しきれないほど豊富な機能を備えています。
カタログの請求や、オンサイトデモのご依頼、価格についてのお問合せは、
下記「お問合わせはこちら」をクリックしてください。問合せフォームに移動します。
 
お問合わせはこちら
 
※記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標です。